不正アクセス

不正アクセス行為となるには、以下の4要件を満たす必要があります。


特定電子計算機、すなわちコンピュータ・ネットワークに接続されているコンピュータに対して行われたものであること。

コンピュータ・ネットワークを通じて特定電子計算機へのアクセスが行われたものであること。

他人の識別符号又はアクセス制御機能による特定利用の制限を免れることができる情報又は指令が入力されたものであること。

アクセス制御機能によって制限されている特定利用をすることができる状態にさせたもの(一部のセキュリティ・ホール攻撃のように、特定利用をすることができる状態に止まらず、特定利用をしてしまう行為をも含む。)であること。

MRP

MRP(Material Requirements Planning)は、日本語では資材所要量計画と呼ばれ、部品表と生産計画をもとに必要な資材の所要量を求め、これを基準に在庫、発注、納入の管理を支援するシステムです。
製品に組み込まれる部品の構成や、それぞれの部品ごとの使用量、製造リードタイム、発注リードタイムをもとに、すべての製品の需要に対応した個々の部品の必要量、製造指示日、発注指示日を決めるというように、その製品の生産に必要な部品の発注量をコンピュータで自動的に計算し、資材管理を適切に行うことを目的としています。

  • entry206ツイート
  • Google+