ビジネスモデル特許

ビジネスモデル特許は、特許のうち、コンピュータ・ソフトウェアを使った「ビジネス方法に係る発明」に与えられる特許という意味で用いられている言葉です。
ビジネスモデル特許も特許法の保護対象となります。

ITの世界では、従来の技術を他に転用したり、それらを組合わせて特定分野に対応させることは普通に行われています。したがって以下の例のようにそれらを行うための技術的に困難性がない場合には、進歩性がないとして発明とは認められません。

従来からあるシステムの他の分野への適用
従来から存在する機能への別の代替手段の付加
人間が行っていた業務のコンピュータシステムによる代替
現実空間で一般的である事象のコンピュータ上での再現
一般によく知られた事実又は慣習に基づいた設計上の変更

監査役

監査役は、日本の株式会社において取締役と会計参与の職務の執行を監査する役割をもつ機関です。会計監査を含む業務監査で、違法、または著しく不当な行為がないかチェックを行い、それがあった場合にはそれを防止することを職務とします。
  • entry218ツイート
  • Google+