ソフトウェアの品質特性

ソフトウェアの品質特性とは、ソフトウェアの品質を評価する基準のことです。

ISO/IEC 9126では、この評価基準として6つの特性とそれぞれの品質特性を細分化した21の副特性をを定めています。今回はこのうち品質特性の意味だけを解説します。
機能性(Functionality)
目的から求められる必要な機能の実装の度合い

信頼性(Reliability)
機能が正常動作し続ける度合い,障害の起こりにくさの度合い

使用性(Usability)
分かりやすさ、使いやすさの度合い

効率性(Efficiency)
目的達成のために使用する資源の度合い

保守性(Maintainability)
保守(改訂)作業に必要な労力の度合い

移植性(Portability)
移植のしやすさ,別の環境へ移した際そのまま動作する度合い

  • entry226ツイート
  • Google+