範囲の経済と規模の経済

範囲の経済
企業が複数の事業活動を同時に営むことによって、設備などの経営資源の共有が可能になり、それを有効に利用することで,それぞれの事業を独立に行っているときよりもコストが相対的に低下する傾向のこと。
規模の経済
生産量が増加するほど1個当たりの生産に要する費用が減少し、利益率が高まる傾向のこと。別名スケールメリットと呼ばれます。

  • entry327ツイート
  • Google+

PageTop